三井住友銀行住宅ローンの借り換え審査は甘い?厳しい?

 

理想の家に住める幸せを独身の頃に思い描いていたものです。
結婚して、新興住宅地の、分譲住宅の物件を見に行ったとき、やっぱり好きになる物件てあるものだと思いましたが、まさにその物件に気に入ってしまいました。
本当はもっと大きな家が欲しいと思いましたが、小さくても日当たりが良くてとても空間もまだあり、子供を育てるのに良い環境だと思いました。
あのころ、旦那は忙しくて私が不動産屋さんに見せてもらい、気に入ったので後で旦那を連れていき、この家を買う方向で進めることになりました。
まず第一の関門は住宅ローンです。住宅ローン金利が大きな選択肢になります。
あのころは経済がとても上昇気味でもあり、住宅ローンも簡単に、何とか突破していよいよ引越しの時はとても興奮したものでした。
そこは区画整理地域だったのをうっかり買ってしまいましたが、やはり、このような土地は忘れた頃に市から通達が来て、引越しをする事になりました。
指定地を示されましたが、そことは違う場所を買うことになりました。
駅からそれほど遠くない場所なので、やはり値段もそれだけ高くなってしまいました。
その時から数年経ちましたが、今、三井住友銀行に借り換えをしようかと思っているところです。住宅ローン借り換え比較なんかで情報収集して。
最近は途中で乗り換えるという話しを聞いていたので、銀行へ行って担当者とよく話てみたのですが、もっとずっと此方の銀行の方が良心的でした。
出来るなら住宅ローン借り換えランキングで比較し、乗り換えて、少しでもそのお金を生活費のほうに回したいと思っています。
中々世の中が厳しくなっている上に円高の影響で旦那の会社もボーナスが良くありません。
それをあてにしてローンを組んでいたのでとても苦しいです。
そんな状況を加味してしれてあるので、三井住友銀行はとても有り難いと思いました。
あと、数年でローンは終わりですが、その数年間でも、このままでは損をしてしまうことになります。
少しでも良い方の情報を知ると損をしてしまう、という気持ちになるものです。
早速きちんとした書類の手続きをする為に旦那と一緒に行って担当者と最後の詰めの話をするつもりです。
何かと私任せになっているのですが、いざというときは、しっかりと先の見通しを見逃さずに話しを進めてくれるので、やはり私一人ではどうしようもありません。
ここぞの時は旦那を連れて行き何とか少しでもこちらの条件が聞き入られるような設定が通れば良いと思っています。
やはり、家にずっといる主婦の私と違って、仕事をしている現役の旦那は考える所にそつが無く、銀行の担当者と話しをしてくれるので助かります。
三井住友銀行住宅ローン借り換えのインタービュー記事も参考になりますよ。

三井住友銀行住宅ローン借り換えのメリットとデメリット

 

毎月のローンの支払額を低くしようと思い、三井住友銀行住宅ローン借り換えを行うことがあります。

では、その場合、今契約している火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

旧公庫ローンの融資の場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換える場合は別の保険への加入を検討するいいチャンスです。

もし、継続するのなら保険金のメンテナンスを行いましょう。

その理由としては、火災保険は契約後にほったらかしやすい保険なのでいい機会だと思って内容を見直すのもいいのではないでしょうか。

夢のマイホームを購入する時、大半の人が三井住友銀行住宅ローンを利用します。

でも、毎月の返済が生活が大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に行うのが三井住友銀行住宅ローン借り換えです。

参考:三井住友銀行住宅ローンの審査は甘い?金利をチェック【おすすめ度は?】

ただ借り換えのメリットを享受したいことを考えると当然、今のローンよりも金利が低くなる必要があります。

その際のメリットの計算方法については各銀行でシミュレーションを用意しているので参考にしてください。

ただ、その際の注意点として、シミュレーションを使って30万円くらい利息が少なくなるから借り換えようと思うと登記などの経費計算を忘れていて結果的にあまり得にならなかったということもあります。

突然ですが皆さんは三井住友銀行住宅ローン借り換えをしたことがありますか?多くの人は行ったことはないはずです。

ここではローンの借り換えの流れを確認しましょう。

まず最初に行うのは、現在のローン内容を再確認することです。

確認したら銀行機関のHPに設置されている借り換えシミュレーションで借り換え後の毎月の支払い額や総額を確認してみましょう。

シミュレーションして借り換え用と思ったら次は銀行選びです。

金利だけを見るのではなく、保証料なども見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合うローンが見つかったら次は仮審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったらその中から条件のいい銀行を選びましょう。

三井住友銀行住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行からお金を借りて、現在借入中の銀行Aに完済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行の許可は必要ないので理論上では何度でも借り換えが可能になっています。

ただ、借り換えを行う理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

そのため、大半の人は1回限りで終わります。

では、どんな時期に借り換えをするのがベストなのでしょうか。

なぜかというと三井住友銀行住宅ローン金利が今後どうなるのかは予測不可能だからです。

そのため、借り換えの時期とよく言われているのがそのためオススメされているのが借り換えメリットが月収以上になったときです。

三井住友銀行住宅ローンの返済で大変というと人の中には三井住友銀行住宅ローン借り換えでしは支払う利息を減らそうとしている人もいるのではないでしょうか。

その際に、新しい三井住友銀行住宅ローンを探すことになりますが金利が低い以外のメリットも欲しいですよね。

どういったメリットで選ぶかを具体的に考えましょう。

ひとつは保証料がかからないことです。

保証料は金利に換算すると「毎年0.2%」になると言われています。

一円から返済できる、といったことが大切です。

また、一番のメリットと言われているのが繰上げ返済が簡単で手数料が無料なことです。

繰上げ返済を進めれば進めるほど元本も利息も少なくなっていきます。

三井住友銀行住宅ローン借り換えに関して調べていると気になる事実を発見しました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は三井住友銀行住宅ローンを借り換えられないということです。

どういった場合にそういったことが当てはまるかというと転勤が原因でローンと賃貸料の二重支払いになってきつい、金利が低くなったローンに借り換えをして支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ出来ないかというと、住宅ローンは自身が住むための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、他の金融機関を探しても借り換え前よりも良い条件のローンは見つからないと思います。

他にも離婚が原因で別居する際なども同じことが言えます。

三井住友銀行住宅ローンを初めて利用する際によく聞かれるのが内容の質問・疑問を持つ人も多いようです。

結論から言えば利用可能です。

しかし銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため自動車ローンの現在の返済額が三井住友銀行住宅ローンの借入可能額に関係してきます。

当然ですが、自動車ローンの返済を滞納していたりすると他のローンの借入はできなくなるので気をつけてください。

これは三井住友銀行住宅ローン借り換えの審査でも同様です。

あまりないと思いますが、現在の自動車ローンを三井住友銀行住宅ローンに組み込むことを車のローンを三井住友銀行住宅ローンに組み込むのを提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

三井住友銀行住宅ローンを組んでいる際にメリットの大きい三井住友銀行住宅ローン控除ですが三井住友銀行住宅ローン借り換えを行った際には控除は受けられるのでしょうか。

三井住友銀行住宅ローン控除とは10年間にわたって年末の三井住友銀行住宅ローン残高の1%が所得税額から戻ってくる制度です。

借り換えをする際に控除のメリットをフルに受けられるようにすることが控除をフルに利用するには、返済期間を10年以上にすることや控除をフルに受けるには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済しないことなどが挙げられます。

繰上げ返済をしない理由はローン控除では1%の所得税が還付されるので金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払っている金利が大きくなります。

三井住友銀行住宅ローンの返済は家計を圧迫すると聞きます。

今組んでいるローンの金利から金利が低いローンへ見つかったらそちらに変えたいと思っている人もいますよね。

ただ、低金利という部分だけを理由に変えるのはやめましょう。

三井住友銀行住宅ローン借り換えは他のローン借り換えとは違い登記などの諸費用が必要になりますので、費用を計算したら逆に損してしまうということもあります。

そのため、web状の借り換えシミュレーションを利用してメリットがあるかを確認しましょう。

借り換えを行う基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収以上や50万円以上になった時です。

三井住友銀行住宅ローン借り換えをするにあたり様々な手続きが必要です。

一例としては、抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士が行いますがその司法書士を選択権は基本的に申込者側にあるので金融機関次第では自分で選ぶこともできます。

借り換えを行う多くの方は司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関側が指定する司法書士が行うことも多いです。

司法書士を自分でも選べるかどうかは金融機関へ確認してください。

他にも申し込み段階で準備する書類や手続きも多いので借り換えメリットと比べて労力が伴わないと思ったら行わない決断もありです。